単身パックガイド安い一番お得な激安キャンペーンはこちらから!
一番安いお得な業者に依頼するのが一番お得!
安い引っ越し業者が簡単に見つかります。


引越しをするなら一括見積でまずお住まいの地域に対応した安く引っ越すことができる引越し業者をみつけてください。安く引越しをするための第一歩です。

引越しの単身パックとは?


引越しの単身パックとは引越し業者により様々な名称で呼ばれています。一般的な引越し方法はトラックを一台貸し切り、荷物を運搬してもらうのが一般的な引越し方法となりますが、では引越しの単身パックとは一般の引越しとは何が違うのでしょうか?

引越しの単身パックとは


通常の引越では業者に連絡をしてあらかじめ引越サービスセンターの作業員が家にきて、荷物の量やサイズなどを確認を行い、それを元に距離数や、日程、などを確認後に料金を計算し、見積もりを業者が後日持ってくるという流れになっています。

また家族が家族がおおいばはトラック台数を計算したり、引越時の作業員の数なども料金として増えてきます。

逆に荷物が少ない方は通常のプランでは割高となって損をしてしまう場合もある為、引越しの単身パックを利用するということも考えられます。

では引越しの単身パックとは何かというと決められたサイズ(引越しサービス会社によってサイズは違う)のコンテナボックスというカゴ車に荷物を詰め込み、依頼者とは別の荷物と混載(一緒に荷物を乗せて運ぶこと)し、運送するということで料金を抑えられるサービスとなっています。なので新社会人や、荷物の少ない人、家具付きの物件に引っ越すなどで荷物の少ない人向けのサービスとなっています。

単身パックのメリットやデメリットを考えてみる。


引越し単身パックを利用するメリットとしては
・通常の引越しサービスよりも料金を抑えられる
・見積もりを不要としている引越しセンター業者も多く、見積もりを行う時間の節約になる。
・荷物を運ぶ人員も抑えれる為に料金もかかりにくい。

逆に引越し単身パックを利用するデメリットとしてはどのような部分があるでしょうか?
・あらかじめ運べる量が決められている為、荷物の梱包などを計画立てして詰め込んでおく必要がある。通常の業者では特に量なども考える必要がない為、ダンボールだけではなくプラスチックケースに入れて持ち運びも可能だったり、ダンボールを提供してくれる業者もある。その部分を考えるとあくまでも必要なサービスに特化しているため、受けれるサービスが少ない場合も。

・ダンボールなどの梱包資材を提供してもらえない場合もあり、自身で衝撃素材やガムテープ、ダンボール、新聞紙などを事前に用意しなくてはならない。またそれらのサービスを受ける場合有料となる為に別途に費用がかかる為通常のサービスを期待していると料金が通常の価格になってしまう。

・地域によっては対応していないエリアなどがある為に引越しに制限がかかってしまう為利用できない場合もある。

引越しの単身パックの展開企業


大手引越し業者はサカイ引越センター、アート引越センター、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、日本通運、クロネコヤマト引越センター、佐川引越センターなどが有名な大手引越センターとなっていますが、単身パックを大々的に行っている引越し業者はどこでしょうか?

引越しの単身パックの展開を行っている大手企業は?


引越しの単身パックの展開を行っている大手企業
・クロネコヤマト引越センター
・日本通運
・サカイ引越センター
が単身パックをやっている大手企業のようです。

ただ単身パックはやっていなくても単身様向けようの代替用のサービスを行っている引越業者はあるかもしれないので地域の引越センターや大手引越センターも視野に入れて調べてみることで自分にあったお得な引越しサービスを探すことができるかもしれません。

目安として引越しの単身パックサービスを行っている3社のコンテナのボックスのサイズを記載しておきます。
会社名プラン名コンテナサイズ
日本通運単身パック・Sサイズ

高さ155cm、横102cm、奥行き74・Lサイズ

高さ175cm、横108cm、奥行き
サカイ引越センター小口便引越サービス高さ144cm×横105cm×奥行き75cm
クロネコヤマトの引越サービス単身引越サービス ・フルサイズ

高さ170cm×横104cm×奥行き104cm・miniタイプ

高さ130cm×横104cm×奥行き104cm

となっています。
クロネコヤマトでは割引された値段で最安値が11,000円と記載されていますが、実際の距離や時期、曜日によって料金は変化すると思うので引越センターに問い合わせてみると良いかもしれません。

引越のお得な期間は


引越し業者の引越しサービスは時期によって料金が変わってきます。引越を安く済ませたいのなら繁忙期を避けて通常の料金で引越ができる期間を狙ってみると良いかもしれません。

引越業者の通常期、繁忙期とは


引越業者には通常期と繁忙期が存在しもちろん繁忙期には料金が割増しされます。

なので業者によって料金に差異が出るとは思いますが繁忙期には多くの引越業者が料金を通常期よりも高めの設定やプラス料金されるという事を頭に入れておくべきでしょう。

引越業者の繁忙期とは就職や進学が重なる時期の3月から4月が繁忙期となっているのが一般的です。またそれ以外の時期5月から2月は通常期と一般的になっており、安く引越を狙うならこの期間がオススメとなっています。また引越料金が安くなる月は11月が安くなる狙い目らしいです。

引越を安くするポイント


引越を安く済ませるポイントとして
・安い業者を探す
・平日を選ぶ
・WEB割引
・早期申込割引
・複数割引
・重量を軽くする
・学生プラン
などを利用するなどが多くの引越業者で安く済ませれるポイントとなっているみたいです。

安い業者を探す


単身プランを行っている企業は今回は大手の
・クロネコヤマト引越センター
・日本通運
・サカイ引越センター
を紹介しましたが、近場の引っ越しセンター及び企業でも似たような単身様向けのプランを行っていたりする場合もあると思います。
一括見積をすると引越し地域に該当する安い引っ越し業者を見つけることができます

一概に大手の引っ越しセンターと決めつけずに単身者向けのサービス(単身プラン)を行っていないのか?安い業者を探すのが引越を安く済ませるポイントかもしれません。

平日を選ぶ


クロネコヤマト引越センターを基準に説明します。

クロネコヤマト引越サービスセンターでは平日割引を1件あたり2000円(税抜)で割引を行っているみたいです。

どうしても、土日・祝日は学校や企業が休みのところが多いために、平日と比較して、引越しの依頼件数が多く忙しくなる為に料金を割高に設定するか、プラス料金をとる引越しセンターが多くなっているようです。

逆にいえば、土日・祝日を避ける事で、通常よりも料金を抑える事が可能となっているとも言えそうです。

WEB割引を選ぶ


また、前ならなかったWEB割引も今は引越を安く済ませるポイントとなっていると思います。WEB割引は今では多くの企業で行われており、ホテルや銀行やレストランでもWEB割引が行われており、今では引越サービス業者でもWEB割引の恩恵を受ける事ができます。

なぜWEBだと安いのか?それは今まで電話や現地のサービス所に多くの受けつけ担当の人員を設置しなくてはいけませんでしたがインターネットでそれらの受付業務などを行う事ができるようになった為に人件費の削減が可能となりました。

そうして私たちもそれらに協力する事でWEB登録を行い、通常よりも安値な低価格で引越サービスを受ける事が可能となっています。例としてクロネコヤマト引越サービスセンターではクロネコヤマトのサイト内の「単身見積もり」フォームから申し込みを行った場合に1件あたり2000円(税抜き)の割引が適用されるそうです。

WEBに力を入れている企業はもっと安い場合もあるかもしれないですから調べてみるのもいいかもしれません。
▼WEBで一番安い引越し業者がすぐに見つかる▼













梱包のコツとは


引越しの単身パックは通常の引越しサービスよりも積載量などに制限がかかってしまう為により少ない荷物にまとめる必要が出てきます。

なので荷物が多い方にはオススメできないプラントとどうしてもなってしまいますが、どうしても安く済ませたい!と思うのが普通なところでしょう。なので梱包のコツについてもこの記事では紹介をしていこうと思っております。

あらかじめ引越単身パックに乗せられるだけのダンボールを計算しておく。


引越単身パックを利用する場合積載できる荷物量は制限されてしまう為に乗せられダンボールを計算し、用意しておくことも大切なこととなっております。

引越単身パックを頼んでいる業者によってコンテナのサイズは微妙に違います。あらかじめWEBサイトなどでコンテナのサイズを調べておき、実際にその業者のサイズの擬似的なスペースを作りダンボールを乗せていくことを行ってみるべきです。

実際に業者さんが乗せた場合にダンボールのサイズが違った場合に詰め方により、荷物が乗り切れなかったりする場合もないとは言えないので、同じサイズのダンボールを用意しておくか、わかりやすいようにまとめておくとスムーズに引越ができるかもしれません。

梱包を行うにあたっての事前に準備する道具


引越では梱包を行わないといけない為、梱包を行うにあたって事前に用意をしておかなければいけない道具があります。

事前に用意しておく引越しの準備道具として必要なもの軍手、カッター、ハサミ、割れ物シール、ガムテープ、衝撃吸収材、油性マジックペン、工具、ビニール袋、輪ゴム、セロハンテープなど必要なものはたくさんあります。

また各道具によって梱包に向き不向きがどうしても出てきてしまうのも仕方がありません。軍手では梱包を行うと怪我の恐れが出てくる為に軍手は必需品となってきます。中でもオススメなのが滑り止めの機能がある軍手を選択すると作業が捗ると思います。

また以外に大事なのにガムテープの問題があると思います。安い素材を選ぶと重ね貼りができずにダンボールの蓋をうまくすることができないかもしれません。なるべく布製のガムテープを選ぶことでつるっとして剥がれてしまうことを防ぐことができます。

また割れ物シールを貼っておくと引越センターの方が荷物を積載するときに重いものを割れ物や軽いものの上に乗せられなくてすむと思います。

必要ないものを処分する。


また引越をする場合は荷物の整理がとても大切のものとなってきます。引越単身パックを利用するならなお荷物を少なくする必要がある為に事前に荷物を少なくしておくべきです。

事前にゴミに出したり、知り合いに譲ったり、フリーマーケットアプリに出すなどの対処が必要となってきます。

引越しにかかる日数



そもそも引越しにおける荷造りにかける時間はどれくらいの時間がかかるでしょうか?

人によって、また仕事の都合により荷造りが全然進まないこともあるかもしれません、家族の人数によって荷造りの量も違うでしょう。今回は単身パックを利用する予定ということで1人を目安に考えると少なくても一週間は荷造り用の期間を事前に用意しておくべきかもしれません、引越し業者によっては電話をした3日後なら安いですよ!とか想定内のことが起こる場合も頭に入れて少しずつでも事前に荷作りをしておきましょう。

効率よく詰めるコツ


まずはじめに荷造りを行う前に紙などに何を詰めるかを記載しておくと効率よく行えます。

荷造りを必要とする部屋をグループ分けしておく必要があります。なるべく近い場所ごとにまとめておくことで荷造りを解くときにどこにあるっけ?となることを防ぐことにも繋がります。

また、いる、いらないであらかじめそのもの自体の必要性を考えることで荷造りのペースをあげることができます。

食器の荷造り方法


引越しのときに一番怖いのが運搬中による食器などの破損だと思います。うまく梱包できていないと思わぬ衝撃で食器が粉砕してしますことも考えられなくもないです。

食器などの割れ物の荷作り方法としては新聞紙や布、衝撃材を利用しての梱包が一般的だと思います。入手する方法を考えると新聞紙や布が一般的でしょうか?

新聞紙はなるべく厚く梱包しましょう。

また包丁などの刃物関連は刃物が抜けないように新聞紙などでくるみしっかりとテーピングを行うことが重要だと思います。

家電をどうするか?


家電なども衝撃や蓋が相手破損する場合もある為、蓋が空きそうな部分はテープなどを利用して開かないようにするか、元々入っていた箱を利用することを検討しましょう、箱よっては衝撃に脆かったりもするので要注意ですが。

パソコンをどうするか


パソコンは衝撃や振動に弱い為事前にデーターをバックアップしておく必要があります。

引越し業者の荷造りサービスに頼む


どうしても荷造りを行う時間がない、荷作りに不安が残る場合は業者に頼むことも頭に入れておくといいかもしれません。引越しサービス業者によっては荷造りを行ってくれる業者があるかもしれないですし、事前に知り合いや親、友達に引越しの荷造りを頼むのも賢い選択かもしれません。

引越し準備の注意点


あらかじめ考えておかないといけないことに

・荷造りをどうするか?
・業者をどこを選ぶかのか?
・自分の荷物がどれくらいあるのか?
・引越し先の場所はトラックが入るのか?
・天気はどうか?

など前もって考えておかなくてはいけないことが引越しには出てきます。ああしておけばよかった!こうしておけばよかった!などあとあと後悔が内容に事前に計画は事前に考えて少しずつでも荷造りをしておくなどの準備が必要です。

まとめ


今回は引越しの単身パックとはを記事のタイトルに、引越しの単身パックとはそもそも一般的な引越しと比べてどう違うのか?

単身パックのメリット・デメリットを考えてみたり、単身パックを利用するにあたってお得なプランや割引される期間などを考えて紹介を行いました。

また引越し自体の中で発生してくる、荷造りについてのコツや事前に用意しておくべき道具なども紹介させていただきました。

単身パックは大雑把に分けて

・クロネコヤマト引越センター
・日本通運
・サカイ引越センター

などが単身パックをやっている大手企業のようです、単身パックを行っていなくても単身パックに代替するようなサービスは大手引越し業者はサカイ引越センター、アート引越センター、アーク引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、日本通運、クロネコヤマト引越センター、佐川引越センターなども行っているかもしれませんし、個人経営の引越しセンターも安くで行っているかもしれませんが今回はわかりやすくするために、クロネコヤマト引越センター・日本通運・サカイ引越センターが単身パックというサービスを提供していると紹介させていただきました。

引越しはどうしても日付を変えられないということもあると思いますが、引越しまでに余裕がある。引越しの時期を秋にずらしたり、平日にずらすことができるのであればぜひ検討してみてください。

引越し代金が安くなるかもしれません。

▼一番安い引越し業者がすぐに見つかる▼













単身パックガイド安い一番業者を簡単に見つける!単身パックガイド安い一番お得な業者ここだ!!単身パックガイド安い一番の業者を一括見積り簡単検索
このエントリーをはてなブックマークに追加